マンガでわかるMOMO KISD'S


0422-38-9215

やりたいことたくさん!好奇心を刺激!「学び」が止まらない!
子どもたちの好奇心を最大に引き出す!
小学生向けアフタースクールMOMO KID'S 三鷹2019年4月度新規生予約受付中!

無料体験説明会開催中!

About "KIBO"アメリカSTEM教育の最先端を行くボストンから日本初上陸!

KIBOはマリーナ・ウンキッチ・バーズ博士が幼少期におけるプログラミング的思考を育成させることを目的として研究・開発されたロボットキットです。ボストン博物館等の多くのキッズサイエンス教室でも使用されており、現在は、世界50都市以上の教育現場で使用されています。

Wall Paintings by Shogo Kumakiri地元で活躍されているアーティスト「岩切章悟」さんによる壁画アートのある教室です

portfolio img 1

portfolio img 2

portfolio img 3

portfolio img 4

portfolio img 5

portfolio img 6

Informationお知らせ・キャンペーン情報

初夏の入会金割引キャンペーン
6月末までの入会申し込みで入会金「無料」とさせていただきます。ご検討中の方はお早めに!
MOMO KID'S 新規オープン!無料体験説明会開催中!
詳細な説明の他、イングリッシュクラス、ストラクチャクラスを一度に体験できるチャンス!ぜひこの機会にご参加ください!無料体験説明会のご予約はこちらから
MOMO KID'S(モモキッズ) 三鷹 オープン!
2018年4月東京・三鷹に、小学生向けの楽しく学べるアフタースクール「モモキッズ三鷹」がオープンしました!説明会、施設見学会随時開催!カリキュラムの一部体験も実施中です!ぜひ一度、無料体験にお越しください。無料体験のご予約はこちらから

ファーストラーニング三鷹

説明会・施設見学会予約受付中!
カリキュラムの一部体験も実施中!

0422-38-9215

CONCEPTMOMO KID'Sのコンセプト

工作や実験、機械の構造、仕組み、図形の理解、プログラミングなどを楽しく経験しながら、学びます。更に、ネイティブ講師とオールイングリッシュ環境で、聞く、話す、表現する楽しさを知り、英語によるコミュニケーションを学ぶことにより、未来の国際社会を生き抜く力の基礎を育みます。

MOMO KID'Sでは、未来を生き抜く6つの力を身につけます

  1. ゼロから考える創造力
  2. ゼロから積み上げる努力
  3. ゼロから作り上げる完遂力
  1. 困難なことに立ち向かうチャレンジ力
  2. 問題を発見し解決する問題解決能力
  3. 国際社会に適応する英語力

今後の教育環境にあわせたカリキュラム(2020年から小学校英語、プログラミングが始まる、大学入試の英語試験が変わる等)

アクティブラーニングを導入

日本の学習指導要領が改訂され、幼稚園をはじめ小中高校の教育が変わろうとしています。すでに英語学習は小学校から始まっていますが、2020年にはプログラミング的思考を育成する授業が導入されます。また、大学入試もセンター試験が廃止され、大学入学共通テストがスタートします。英語では、今までの聞く・読む・書くに加え、話す・表現するということが求められるようになります。
モモキッズでは今後の教育環境にあわせ、「アクティブラーニング」を取り入れています。
これからの小学校教育では、新しい時代に必要となる資質・能力の育成が求められています。それは、「何を知っていて何ができるか」「知っていることできることをどう使うか」そして「どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか」ということです。
モモキッズの楽しいカリキュラムを体験することが経験値となり知識や技能を育ていきます。それらの知識・技能が問題解決や新たな発見・創造へとつながっていきます。更にグループで行うカリキュラムでは、それらの経験を仲間と共有し議論しながら進め、発表していきます。
これらのカリキュラムを繰り返すことで、なぜ?どうして?を探求し、生涯にわたってアクティブに学習し続ける姿勢を育み、未来を生き抜く力の基礎が育成されます。

Structure小学校におけるプログラミング必修化

●政府は、2020年をめどに小学校でのプログラミング教育の必修化を目指しています。

≪背景≫ ※文部科学省資料より抜粋
人間は、社会や人生をよいものにしていくかなどの目的を考えることができ、その目的に応じた創造的な問題解決を行える強みを持っている。この強みを伸ばしていくことは、学校教育が長年目指してきたことである。
自動販売機やロボット掃除機など、身近な生活の中でもコンピュータとプログラミングの働きの恩恵を受けており、これらの便利な機械が「魔法の箱」ではなく、プログラミングを通じて人間の意図した処理を行わせることができることを理解できるようにすることは、時代の要請として受け止めていく必要がある。
小学校段階におけるプログラミング教育については、コーディング(プログラミング言語を用いた記述方法)を覚えることがプログラミング教育の目的であるとの誤解が広がりつつあるのではないかとの指摘もある。

ストラクチャクラスについてもっと詳しく

English今後の英語教育

●既に小学校から英語の授業が一部始まっていますが、2020年以降、3年生で英語の必修化、5年生以上は教科化が完全実施されます

●中学校以降の英語授業は、英語により授業が進められるように変化していく予定です。
●大学入試のセンター試験は廃止され、2021年度から大学入学共通テストがスタートします。
現在のセンター試験からの大きな変更点として、英語について4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価することが挙げられます。 大学入学段階で「思考力・判断力・表現力」が求められるという考えがベースにあります。

イングリッシュクラスについてもっと詳しく

始めるなら、いまがチャンス!
新規オープンキャンペーン実施中!

0422-38-9215